文字の大きさ
トップ > 部門紹介 > 診療科のご紹介 >  泌尿器科

泌尿器科

 泌尿器科は、腎臓・副腎・腎盂尿管・膀胱・前立腺・尿道・前立腺・精巣などの尿路・性器・内分泌系の疾患を扱う診療科です。これらの疾患を対象として、診断から治療について、治療内容も内科的治療から外科的治療まで、疾患の種類や重症度に応じて多くの治療法を選択し治療を行っています。以下に、簡単に診療の概況を示します。
 癌治療においては、腎癌・腎盂尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌に対して、手術治療・内視鏡的治療・抗癌剤・ホルモン療法などを選択し治療しています。ただし、当院には放射線治療設備がないため、放射線治療については他院に紹介しています。
 前立腺肥大症に対しては、排尿障害の程度や前立腺の状態と患者さんの状態に合わせて、薬物療法と手術療法を選択しています。前立腺肥大症の手術療法は、ほとんどが経尿道的前立腺切除術(TUR-P)が行われ、最近ではバイポーラー電極を使用し切除することにより、さらに安全に確実に切除することができるようになりました。
 慢性腎不全の治療については、保存期の治療、血液透析、腹膜透析(CAPD)を行っています。血液透析のためのバスキュラーアクセス作成手術を、また腹膜透析(CAPD)のCAPDカテーテル留置術を行います。腎移植については、浜松医科大学泌尿器科に紹介しています。急性腎不全に対して血液透析・血液ろ過透析などを、敗血症や薬物中毒などの血液吸着療法なども行っています。
 この他、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症、排尿障害をきたす神経因性膀胱や過活動膀胱、尿路奇形、腎動脈瘤などの腎血管性高血圧やナッツクラッカー現象などの腎血管異常など、様々な疾患を診療しています。
 外来は、月曜から金曜の午前中に診療しています。手術日は、火曜から金曜の午後に行っています。血液透析は、月水金は午前と午後に、火木土は午前に行っています。